家のローン・子供達の教育費でお小遣いも無し! 果たしてオヤヂの生活は楽になるのか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「おぅ!オレ!」
23日に会社に田舎の同級生のMから電話が来た。
「もしかして...」
「オレが電話したらわかるろ?」
「えっちゃんか...」
「22日に死んだっけ、弔電でも打ってやれや!」
「わかった、どこでぇ?」
「24日の19:30からハナミズキだっけや!」
「ハナミズキ?」
「おう、わかるろ?工業高校の隣だわや!」
「おめ...オレ何年帰ってねぇと思う?すっけこと知るわけねぇろ?」
「自分で調べれや!じゃあな!」
「ちと待てや!喪主はかみさんなんか?」
「すっけこと知らねわや!そうだ!なーのケータイ教えれや!」
「おう...ちと待てや...これだわや!おめのも教えれや!」
「おう!なんか細けぇことわかったら電話すっけや!じゃぁな!」
※一部方言のためお聞き苦しいところがあります。

以前書いた親友が亡くなったらしい...
連絡をくれた親友は昔からこう言う性格なので、さっぱり要領を得ない...
「ハナミズキ」とだけしか聞いていないが、ヒントは工業高校の隣...
インターネットで調べてみた。
「へ~!こっげぇとこにできたんな!」
※田舎の言葉を聴いたので尾を引いている。
しかし、弔電を打つにも喪主がわからないことには...
つか、中学、高校と同級生だった親友が亡くなったのに弔電だけ?
会社に無理を言って2日間の休みをもらう事にした。
実家に帰るには4時間ほどかかるからだ...
「おう!オレ、オレ!やっぱ明日オレも行くわ!」
先ほどの友人に連絡をした。
「そっか、よう休みもらえたな!」
「あったりめぇじゃん!えっちゃんの通夜だろ!」
「じゃ!待ってるっけ!」
「せば!」

翌24日19:30から「えっちゃん」の通夜に参列した。
夏に会ったときは抗がん剤で髪の毛が無かったが...
抗がん剤をやめたため、少し髪の毛があった。
「苦しかったらしいけど、モルヒネ使うと意識がなくなるので最後まで使わなかったって!」
「えっちゃんらしいな...」
祭壇の写真とは似ても似つかない、やせこけた「えっちゃん」が棺の中にいた。
「ばかやろう!夏に会ったときに...せば!またな!って別れただろ!」
「また...は無かったじゃないか!」

通夜が終わってから、集まった同級生で飲みに行った。
当然話題は「えっちゃん」中心...
小学校で転校してきたため、いじめられていた私に追い討ちをかけた「えっちゃん」
中学校でバカをやって一緒に廊下に立たされた「えっちゃん」
高校で成績のビリを競い合っていた「えっちゃん」
タバコの吸い方を教えてくれた「えっちゃん」
ゲロを吐くまで私に酒を飲ませた「えっちゃん」
一緒に無断バイク通学をしてバレた「えっちゃん」
マージャンを教えてくれた「えっちゃん」
夜中に私を呼び出すために窓に石を投げてガラスを割った「えっちゃん」
「彼女が来るので掃除を手伝え!」と呼び出してトイレ掃除をさせた「えっちゃん」
...良い思い出が無いな...(;´д⊂)

本日25日の葬儀は11:00からなので出棺まで参列してから帰るつもりだった。
「棺を担ぐのにどなたか...」
周りは受付をした同級生3人しか若い(?)人がいなかったので私も担ぐことにした。
「では、火葬場に行く方はバスに乗って...」
ここで失礼しようと思ったのだが、受付をしていた1人が...
「最後まで一緒にいこうぜ!」
「そうだな...行くか...」
最後のお別れをして、おとき(精進揚げ、精進落とし)があるらしい。
地方で色々な方法があると思うが、チラッと覗いたら席に名札が付いている。
受付をした3人は当然として私は呼ばれてないので失礼しようとした。
「じゃ、私はここで...」
「あ、ゆき坊(仮名)さん...遠いところを来て頂いたのに気がつきませんで...」
「いやいや、勝手に残っていただけですので...」
「お席の用意ができましたので是非!」
私もこういう事に慣れていないので、用意させたのに失礼するのもなにかと...
せっかく「えっちゃん」の奥さんが言ってくれたのでお言葉に甘えて...
と思ったら急遽参加することになったので、まだ席もできてなかった...Σ(・∀・;)
裏でお店の人と遺族の方々があわただしく動いていた...(/ω\)ハズカシーィ
ここはやはり遠慮すべきだったのだろうか?
「えっちゃん」も草葉の陰から...
「なーは、そういう奴だっけな!ちった遠慮せーや!」
「まぁ、いいっけ座れや!」
と言ってくれてただろうか?

最後に「えっちゃん」の遺影に手を合わせて...
「せば!まずまず!」
当分会わないときは、いつもこの挨拶だった。
「えっちゃん」のご冥福をお祈りします...(-∧-)合掌
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
PCの調子も悪く、久々に覗きにきたら…。
火葬場まで来てもらえるなんて、遺族としてはとても嬉しいことです。
迷惑だなんてことは決してないですよ^^
えっちゃんも、お骨まで拾ってくれる友達がいてとても喜んでいるはずです。
父の命日が過ぎたばかりだったので、ちょっと思い出してしまいました…。
「バカ野郎」と泣きながらお骨を無心で拾っていた父の友達のこととか…。
えっちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。
ゆき坊さん、気を落とさないでくださいね。
2007/10/31(水) 03:48 | URL | クッキー #mQop/nM.[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/31(水) 03:54 | | #[ 編集]
ありがとうございます。
友達から高校の頃にバンドをやった時のテープを
CDに焼いてもらいました^^
彼がボーカルで、私がベース...
その後、30年のときを隔ててメンバーは違いますが、
彼が当時やった曲を歌っている映像を見たり...
私や友人の心の中に「えっちゃん」はいます^^

しかし...
自分もそんな年になったんだなぁ...
とつくづく思いましたよw
2007/10/31(水) 20:08 | URL | ゆき坊 #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oyadi.blog71.fc2.com/tb.php/365-1cc145e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。